会社や企業などの組織で働く人にとって、取引先との繋がりは重要だと考えられます。例え取引する機会が少なくても、相手の名前や所属、連絡先などを知っておくのは損ではありません。また、相手に自分の連絡先を伝えることで、ビジネスの誘いを受ける機会が増えます。ビジネスで活躍している人は、常に連絡先を記載した名刺カードを所持しています。初対面の人と知り合った時に名刺カードを渡すことで、相手に自分の事を知ってもらい、次のビジネスに繋げます。また、自分で名刺カードを用意することで、相手に見られた時の印象が変わります。自分で用意する名刺カードには、自分の個性や性格が表に出てしまいます。自分は良いと思っても、相手に悪い印象を与えてしまうこともあります。相手に良い印象を与えられるように、名刺作成のコツを学びたいです。

手書きは避けて、パソコンで作ろう

名刺カードは名前や連絡先などを記載するので、手書きの名刺は避けた方が良いです。面接で使う履歴書と違い、名刺カードで誠意を見せる必要はありません。名刺カードに求められるのは正確な情報だけです。その為、名刺作成はパソコンを使って正確で綺麗な物を作るのが良いとされています。パソコンを使って作る場合、WordかExcelのソフトを活用するのが一般的です。用意する物は名刺カードとプリンター、必要なら会社のロゴや名刺デザインをダウンロードしておきます。プリンターが無い時はコンビニの印刷機を使っても良いでしょう。一度作成した名刺カードのデザインは忘れずに保存しておきます。次に作る時は保存したファイルを開いて印刷すれば手間が掛かりません。保存したファイルを元に、編集したい部分やデザインだけ手直しして、新しい名刺を作ることもできます。

名刺に記載する情報は見栄えを意識しよう

一般的なビジネスで使う名刺には、自分の名前と所属部署、会社名と会社の住所、電話番号とメールアドレスを記載します。名刺作成を行う時は、これらの見栄えを意識して文字の大きさや行間を整えると良いです。縦書きの名刺にする場合、中央に大きいフォントで自分の名前、右側に普通のフォントで会社名、左側は住所や電話番号などの連絡先を小さいフォントで配置すると見栄えが良くなります。後は名刺カード1枚に文字を敷き詰めないように、丁度良い行間を空けるとスマートになります。デザインが出来上がったら数枚印刷して、家族や友人、会社の人に見せて意見を貰うのも良いです。自分で作っていると感覚が鈍くなってしまうからです。客観的に見てもらって、悪い所を指摘してもらう方が良い名刺を作れます。