会社や企業などのビジネスを主体とする現場では、人と人との繋がりが重要視されます。ビジネスで一度取引した相手に、自分の名前や所属している組織名を覚えて貰うことで、次のビジネスチャンスを得られる可能性が広がります。また、この際に相手の名前や連作先といった情報を入手すれば、こちらからビジネスの誘いを提案することもできます。ビジネスの現場では、初対面の人と取引をする時、お互いの連絡先を交換するのがマナーです。一般的に名刺カードを差し出して、交換し合うのが社会人の常識です。名刺は会社や企業から与えられることもありますが、基本的に自分で用意する物だと考えられます。自分で用意した名刺は、自分の性格や個性を体現しています。受け取った相手に自分がどう見えるか考えて名刺作成を行いたいです。

名刺はパソコンで作れます。

初めて名刺作成を行う時は、パソコンのWordまたはExcelを利用して作ります。準備する物は名刺カードと必要に応じて名刺デザインのテンプレートをネットでダウンロードしておきます。Wordで作る場合、予め名刺カードのメーカーと製品番号を調べておきます。Wordの差し込み文書からラベルの項目を選び、オプションでメーカーと製品番号を選択します。最後に新規文書をクリックすると、用紙に名刺サイズに合ったグリッド線が引かれます。後はグリッド線の枠内に収まるように、文字入力や間隔を調節するだけです。また、ネットでテンプレートをダウンロードして使えば、イラストや模様を入れた名刺を簡単に作ることができます。テンプレートをダウンロードする時は、WordまたはExcelのどちらで作るか決めて、ソフトに合った規格ファイルをダウンロードしましょう。

文字の大きさや配置に気を付けよう。

ビジネスで使う名刺には、最低でも自分の名前(読み仮名もあると良い)、会社名、会社の住所、所属部署や担当する係、会社と自分の電話番号、メールアドレスを記載しておきたいです。また、文字の大きさや配置場所を調節すると見栄えの良い名刺になります。横向きの名刺なら、名前は1番大きく真ん中辺り、会社名や所属部署などは普通サイズで名前の上に配置、連絡先は読める範囲で小さくして、名前の下に配置すると見栄えが良くなります。名刺1枚に文字を敷き詰めると見苦しいので、行間や空白を使ってスペースを作るのも良いです。名刺作成が出来たら後は印刷するだけです。一度作ったデザインは保存しておきます。次に作る時はファイルを開いてそのまま印刷するだけなので、ほとんど手間が掛かりません。